花岡 環(四万十市)030

四万十川に底まで透す日の光逆しまになりて鮎は苔食む
画像


   四万十川に底まで透す日の光

     逆しまになりて鮎は苔食む


■四万十川を散歩・・・

私は、四万十川大橋の近くに住んで居ります。夕方、その赤鉄橋を渡って、散歩をいたします。

 風のない川面の静かな日は、夕日が射し込んで、川底まで見えるのです。ふと、欄干に凭れて、下をのぞくと、12,3の鮎が逆しまになり、上ったり、下ったりして、川底の石についた餌を漁っていました。その時の一首です。

[プロフィール]

 昭和2年 生まれ。
      主婦。
     「高知アララギ」会員

***************************
[四万十川秀歌百選・大滝貞一]

  ショベルカー一斉に首振り始め
      四万十川(かわ)の背音掻き消されゆく

             (四万十川短歌大会受賞作)
 
 巨大なるショベルカーが一斉に首を振り、腕を伸ばしたり縮めたりし始めたとたんに、それまで聞こえていた四万十川の瀬音も掻き消されてしまった。護岸工事の写実描写だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック