田辺喜久代 (土佐清水市) 034

四万十川の青き水面の艶めきて鮎産卵の季に移らふ
画像


    四万十川の青き水面の艶めきて

          鮎産卵の季に移らふ

      (四万十川短歌大会応募作)


■独り暮らしを、俳句とともに・・・

 私の短歌のことですが、1992年頃、南国短歌に作品を発表したのは、1年ぐらいでして、四万十川短歌大会の第1回に応募して、大滝先生の賞をいただいたものです。

 私が師事しておりましたのは、川島訓一先生でしたが、お若くして急逝され、短歌は3年ぐらいで途絶えてしまいました。

 私は俳句も学んでおりましたので、第1回四万十川俳句大会でも、草間時彦先生の賞(市長賞)をいただきました。

 現在、古里、土佐清水市貝ノ川で、独り暮らしを、俳句とともに楽しんでいます。


◆市長賞句

 秋の日の真青に暮るる大河かな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック