亀山利里子(京都府) 058

ふるさとは遠くなれども四万十の母のにほひの風我さそふ
画像



    ふるさとは遠くなれども四万十の

       母のにほひの風我さそふ


■四万十川の母と父

 高知県幡多郡大月町出身です。

 四万十川は近くにいながら、仲々行く機会がありませんでした。父が元気な頃、一度連れて行ってもらう約束でしたが、それっきりになり、帰省のたびに、思い出していました。

 今回、母の見舞いに帰ったふるさとで、四万十川百人一首の募集を母から聞かされました。短歌の好きな母といっしょに参加できれば楽しいな、と思い、車窓からのながめを思い出しながら作ってみました。


 櫓の音を残してすぎし船頭に父の姿を追ひし川風

 細き手をにぎりかえして別れし日竹の若葉のざわめきを聞く


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[母子作品]

 亀山利里子氏の短歌の好きな母親は、大月町に在住の弘瀬幸子さんです。

弘瀬幸子さんの【四万十川百人一首】
http://waka100s.exblog.jp/d2006-10-10




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック