今井嘉彦(高知市) 068

歳末も落鮎漁にひたりたる四万十は母か父のこころか
画像



    歳末も落鮎漁にひたりたる

     四万十は母か父のこころか


■母であり、父であり・・・

 もうかれこれ、30年も前のことです。

 その頃は、年末の仕事納めを果たすと、いそいそと四万十川に出かけたものです。赤鉄橋付近で産卵の鮎がいくらでも獲れました。

 そのような四万十川は懐に抱くことのできる母であり、豪快に鮎漁を楽しめる父でもありました。

 再び、そのような四万十川に復活する日を切に祈ります。


[プルフィール]

 高知大学名誉教授
 環境化学専攻。京都大学理学博士。
 高知県四万十ルネッサンス協議会会長。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック