三木雅子(兵庫県) 074

船端に立ちて漁師が打つ網は扇と開き川面を覆う
画像



    船端に立ちて漁師が打つ網は

          扇と開き川面を覆う


■静かな風景

 迫りくる山の紫と四万十川の豊かな水量に感動し、静かな風景の中で川漁師の網を張る姿を眼のあたりにして、詠みました。

 神戸大橋が出来て、その利便性から四国は近くなりました。これからも度々訪れたい処です。

 美しい自然を大切に後世に伝えて頂きたいと願っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[お便り]

 貴兄のお仕事柄と四万十川にかけるご熱意のほど、充分に感じさせていただきました。短歌を詠み続けてはおりますが、なかなか上手にはなりませず、ただ、歌が好きだと、いうだけです。

 第9回四万十川短歌大会では、大会賞をいただきましたが、毎年、この大会が行われていることは、存じませんでした。

 かって、四国を一周しようと考え、数人で旅をしたことを、時々想いだしております。(三木)

****************************
[四万十川短歌大会]

第9回 大会賞 (三木雅子)

清流の上に出でたる沈下橋青菜を積みてトラックが行く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック