岩瀬長子(四万十市) 088

四万十川の水豊かなり海苔粗朶の緑深まり香りたちくる
画像



    四万十川の水豊かなり海苔粗朶の

          緑深まり香りたちくる


■朝夕の清冽な水の流れ

 四万十川のほとりに住み、朝夕の清冽な水の流れを眺めています。

 冬の時季は、川一面に海苔粗朶が作られ、日毎に緑が増し、よい香りがただよって来ます。


[プルフィール]

 大正10年生まれ。
 「ハハキギ」を経て
 「個性」「中村短歌」会員。
 現住所:四万十市

***************************
[四万十川秀歌百選・大滝貞一]


  台風の去りたる川に漁(すなど)ると舟漕ぐ老いの四肢の確かさ


 台風一過の晴れ渡った川面に、もう川漁をする舟を漕ぎ出した漁師がいる。赤銅色に焼けた筋骨は老いさえも見せずに四肢が張って・・・


  海苔養殖の時季となりたり川床に杭打つ女の軽き槌音


 いづれも、働く人への賛歌である。(大滝) 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック