岡崎三千代(四万十市) 123

あばれ川人喰い川と異名つく四万十川は今日も悠悠
画像


   あばれ川人喰い川と異名つく

     四万十川は今日も悠悠


■毎日の流れ

四万十川辺に、52年暮らして居ります。

 台風の度の増水・・・、夏休みの子どもの命を・・・、毎日の四万十川の流れを観ています。

 色々な四万十川ですが・・・今日も悠々と流れています。(岡崎)


【写真】9号台風<中村市古津賀> 38.8.10
    小谷貞広写真集「ゆく河の流れ」1980より

 ◆四万十川の文化人 小谷貞広
http://shimanto.exblog.jp/i20

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[プロフィール]

 岡崎三千代氏

 昭和6年生まれ。主婦。
 「やまなみ」会員。
 四万十市在住。

**************************
[四万十川秀歌百選・大滝貞一]


 新春の四万十川のさざ波は初日をうけて煌き返す

 
 新しい年が明ける。四万十川のさざ波はいつもと変わらないのに、なぜか悠久の光に新たな息吹きを与えているように感じられるのだ。いま初日の煌きを返しながら。「鉄橋の歩道に立ちて見下せば息長かりしかいつぶり浮く」という、春の川面の写生歌もある。

      <「四万十川秀歌百選」(大滝貞一編著)より>


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック