稲本 正(岐阜県) 118

初めてのカヌー下りが四万十で『沈(ちん)』した時に見えた川底
画像


    初めてのカヌー下りが四万十で

      『沈(ちん)』した時に見えた川底


■カヌーで四万十川下り

 四万十の「僻村塾」に、月尾嘉男さんに招かれて講師として参加した翌日、「カヌーで四万十川下り」となった。

 森を歩くことや木の加工は得意だが、カヌーは初めてだった。

 何度も沈没し何度も水を飲んだが、やはり四万十の上流は水が綺麗だと実感した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[プロフィール]

稲本 正氏

1945年富山県生まれ。
76年、オークヴィレッジ(清美村)を建設。
94年『森の形 森の仕事』(世界文化社)で毎日出版文化賞。

現在の役職
・オークヴィレッジ代表
・トヨタ白川郷自然學校校長

著書
・『緑の生活』(角川書店)
・『森の惑星』(世界文化社)
・『森の自然学校』(岩波新書)
・『森の博物館』(小学館)
・『森と生きる』(角川書店)などなど。

◆オークヴィレッジ
http://www.oakv.co.jp/main.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[コメント]

■森林文化

画像 私は、日本中の森を訪ね、21世紀後半に向け日本の森林文化をどうするかというテーマは、そう簡単に色褪せるものではないと信じている。

 自然の森を大切にしながら森が育んだ伝統を生かし、未来を開く創造的な森林文化をつくろう。

 私は環境問題を解決するには、何しろ前向きに、少しでも環境に良さそうな事をそれぞれの人が見つけ、どんな小さな行為でもいいから実践することが必要だと思っている。(稲本 正・「森の旅 森の人」(世界文化社)より)

◆四万十の森・宣言(四万十通信)
 http://kawauso100.exblog.jp/d2007-01-03

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック