西内燦夫(四万十市)

 往生の話をすれば花散るを     誘う山風吹き渡り来る ■花と言えば桜・・・  花子と言えば四万十太郎・・・  四万十太郎と言えば桜・・・ ◆桜の秀歌(読売新聞「土佐文芸」より) 古来より花と言えば桜で、その花が散る様を、往生際のよいしるしとして語られてきた。ここでも桜の花を往生の話題と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more